月別アーカイブ: 12月 2011

年末年始診療時間

年末は、12月30日(金)17:00までの診療となります。 年始は、1月4日(水)11:00から診療いたします。 年末12月31日、年始1月1日、2日、3日は休診とさせていただきます。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

鼻の表情

患者さんと治療中の会話で、「歳をとっていくと鼻の穴が大きくなるって知ってました?」と聞かれました。・・・正直、考えてことがなかったです。 何年か前の写真と見比べてみるとよくわかるそうです。歳をとると誰もがおでこや目じりのシワができたり、頬のたるみでほうれい線がはっきりとしてきます。女性の方は特に気にしておられると思います。 顔にもたくさんの筋肉があり、いろいろな表情を作ってくれます。その筋肉が年齢とともに衰えていきシワやたるみを引き起こします。特に口の周りや頬の筋肉が衰えてくると重力に従い下に下がっていきます。そうすると上唇がさがり鼻の穴が顔を出します。決して鼻の穴だけが大きくなっているわけではありません。鼻の穴が見えやすくなっているだけです。(鼻の下を伸ばすと鼻の穴が見えやすくなるのと同じです)顔の筋肉や皮膚は衰えるのに鼻だけは衰えにくいらしいです。だから余計いに鼻の穴が目立つのです。 顔の表情っておもしろいですね。なるべくこうならないためにも顔の筋肉をよく使いましょう。表情が固くなっている人は顔のマッサージを行なうと良いです。固まった筋肉のままではよい表情が作れません。仕事でパソコンをよく使われる方などは目の周囲の筋肉が凝り固まってます。(眼輪筋・前頭筋のこりが原因)この状態をほおっておくと目じりのシワやたるみの原因になります。目元からおでこにかけてマッサージを行なうとコリがほぐれて視野が広がります。 いつでもすっきりとした顔を保ちたいものです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ノルディック・ウォーキング

ノルディックウォーキングとは、クロスカントリースキー選手たちが、夏の間の体力維持・筋力強化トレーニングとして行なっていた「スキーウォーク」を、ポールを使った簡単な歩行運動として紹介されたのが「ノルディックウォーキング」です。スキーストックに似たノルディックポールという2本の棒を持って歩行します。季節を問わず誰でも簡単に始められ、しかも5分~10分の運動でエクササイズ効果を実感できます。ポールを使用するウォーキングは、効果的な有酸素運動として、下半身だけでなく腕、上半身の筋肉なのも全身運動になります。 トレーニング効果①ポールを用いた歩行により、全身運動になる。②身体にある90%相当の筋肉を活動させることができる。③普通のウォーキングに比べて40%増しのエクササイズ効果がある。 メリット①体幹・バランスを鍛え、あらゆるスポーツのパフォーマンスUPにつながる。②ジャンプがないので膝・腰・背中を痛めている方でも始められる。③個人にあったペースでできるので、怪我や術後のリハビリとしても負担を軽減させながら行なうことができる。④血液循環を活発にし、血液の流れを健康な状態に保つ。⑤ダイエット効果。⑥ポールを使用することで、美しい歩行姿勢を習得することができる。 数年前まではあまり知られていない運動でしたが、最近はよく公園などで見かけるようになりました。いろいろな場所での活動もしているので、これから運動を始める方にはおすすめです。私は数年前に講習会に参加してノルディックウォーキングを習いました。ノルディックウォーキングをすることにより体幹の意識がしやすくなりました。これからもっとノルディックウォーキングが普及してもらいたいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ